目次へもどる


県土木部が自然保護の工事をすることの不思議

自然保護のためなら、環境・自然保護の部署や林務部が行うべき
長野県烏川渓谷緑地・環境管理事務所の入り口や、園内の看板には、長野県豊科建設事務所と財団法人長野県公園公社の名前が書かれています。
自然保護を目的にするなら、土木部ではなく環境や自然保護の部署この事業をまかせるのが普通ではないでしょうか。
また、自然保護のために沢山の税金を使って行うのは都市型公園を造成することではなく「森を育くむこと」です。それは、林務部が行うべきことです。

かつて「奥地への乱開発を防ぎ、くい止めるために、行政が買いとり、公園にするのがよい」などと言う人がいました。この考えは間違っています。公園を造成し設備を造ることに税金を使うのではなく、森林の手入れをし、森を育てることをすればよいはずです。

目次へもどる