目次へもどる

「県営烏川渓谷緑地」にはどんな設備があるの?

 "自然を守り、活かしながら利用することをめざす"とうたっている「県営烏川渓谷緑地」公園(都市型リゾート公園)、そのために整備されつくられたものには、どんなものがあるでしょう。



造成された立派な?道、散策路、駐車場、橋

手前に造成中なのが「国営アルプスあずみの公園」、その奥に「県営烏川渓谷緑地」を造成中。公園に入っていく道路は、中央分離帯付き4車線の道路で、まるで高速道路。ちなみに、入り口に至るまでの生活道路は2車線。

大勢の客が来るため造られた?2車線歩道付きの道路。向こうは拡張工事中。ちょうどその為に伐採された木を運び出す途中だった。 小石が敷き詰められたように、コンクリートで造られた林の中の散策路。車両通行禁止とはなっていたが、車は十分通れるようだ。

山の斜面を削ったり、土を盛ったりして造られた散策路。下は石垣が積まれ、上は金網で覆ってあった。

林の中に造られた林間駐車場

手すり付き木道。下の川をのぞき込める所も。

新しく造られた橋、車も通れる?隣には古い水門があり、人が通って川を渡れるようになっていた。

木製の大変立派な吊り橋



自然の中につくられたオアシス?

芝生の植えられた広場。

中央奥、木陰の中の屋根付きベンチ

人工のせせらぎ

自然観察のための人工池(ビオトープ)



来園者のための、人にとっても優しい?施設

環境管理事務所、案内所やトイレも完備

環境に配慮し、豪華。ウォシュレットも完備

環境に配慮した木製の看板、注意を呼びかけるためあちこちに、設置。

県営烏川渓谷緑地公園・案内のための看板。



リゾート公園だから、リゾートホテル?

堀金村村営の宿泊施設。改装増築され、リゾート公園に相応しい施設に。パターゴルフ場も併設。


"?"をつけたわけ--->県営烏川緑地公園の不思議へ

目次へもどる