トップページへ
トップページへ戻る

★★スプリングバンク マスターお薦め 乗鞍の自然スケッチ★★

乗鞍に行ってみたいな〜という方はもちろん、
乗鞍が懐かしい!というファンにも、マスターお気に入りの乗鞍の大自然をお見せします。

乗鞍高原は乗鞍岳の麓、標高1200m〜1800mに広がる爽やかな高原地帯です。
乗鞍山頂へ通じるエコーラインの始点にもなっており、
一年を通じて四季折々の美しさを楽しむことができます。

乗鞍高原には大規模な商業施設はありませんので、物足りなさを訴える方もいらっしゃいますが、
だからこそ都会では味わえない静かな自然の中にどっぷりと浸かって、
心を癒し、リフレッシュ出来るのだと思います。

美しい白樺やダケカンバ、カラマツの森、
水芭蕉やレンゲツツジをはじめとする高山植物たち、
爽やかな鳥のさえずりや優雅に舞う蝶やトンボ、
あちらこちらから見える端正な乗鞍岳の雄姿、
山頂付近から眺める槍・穂高も圧巻です。
木洩れ日が眩しいハイキングやサイクリングコース、迫力ある3つの滝と清らかなせせらぎ、
本州一の良質パウダーで滑降できる自慢のスキー場、
もちろん幾つもの源泉を有する温泉地でもあります。

当店が乗鞍高原にオープンしてから約15年、休みを利用して各所を訪れて撮影した素人写真ですが、
乗鞍を知る、或いは想い出すきっかけになって頂ければ幸いです。

更にお知りになりたい方は、トップページからリンクした各ホームページを ご覧下さい。
そして是非一度お出掛け下さい!心よりお待ちしております。


 「信州のお花図鑑」はこちら       「最近の乗鞍高原の様子」はこちら 

5月上旬
一ノ瀬園地の水芭蕉が
美しく咲き揃いました
5月中旬
残雪の乗鞍岳を眺めながらの
サイクリングは爽快ですよ
5月 
夜泣峠でかもしかと対面
木の間から
こちらをジッと見ています
善五郎の滝は
豪快に流れ落ちている
滝壺の傍まで近づけます
5月
スモモの白い花が咲く頃
開山祭が行われます
実はスモモ酒になります
5月下旬
いがやのマレットゴルフ
新緑と鳥たちのさえずりの中で
リフレッシュできる遊びです
いがやのレストランシヨンと
バッハアルプ湖周辺は
スイスの雰囲気たっぷり
チーズフォンデュがお勧め!
5月中旬
剣ヶ峰を目指して登る
まだまだ滑れます
春山バスで行きましょう
5月下旬
乗鞍の富士見沢の雪庇
から豪快に滑べり出す!
春山スキーの醍醐味です
5月下旬
まだ開通していない
エコーラインは立派な雪の壁
滑らない人でも眺望を楽しめます
5月下旬
お客様と大雪渓を登ると
槍・穂高までの大展望
日焼けにはご注意を・・・
6月上旬
地元の人もあまり知らない
幻の滝を見に行きました
雪どけの頃しか出現しないとか
6月中旬
楢ノ木吊り橋では
美しいせせらぎに見とれます
6月
高原のあちこちで
綺麗なブルーの蝶に遭遇!
ヒメシジミの仲間のようです
6月
乗鞍の遊歩道では
ベニバナイチヤクソウなど
多数の高原の花を楽しめます
6月下旬
レンゲツツジの美しさは
乗鞍の自慢の一つです
白樺とのコントラストも格別
7月
牛留池では湖面に映った
優美な乗鞍岳と
ルリイトトンボに出会えます
7月
位ヶ原付近に咲く
鮮やかな色の
シナノキンバイ
8月
一ノ瀬園地に放牧された牛
のどかな夏の風景です
8月
乗鞍では渡りをすることで
有名な蝶「アサギマダラ」
に出会うことができます
10月上旬
乗鞍高原温泉の源泉の
一つは山奥にあり、
紅葉がとても美しい
10月中旬
小大野川にかかる橋では
紅葉とせせらぎが
美しい秋を演出してます
12月上旬
野沢菜漬けを作る為に
ジャブジャブと洗っています
唐松の林をバックに・・・
1月上旬
朝7時頃、朝焼けに色づく
乗鞍岳は絶景です
素晴らしいスキー日和に
2月中旬
スノーシューで善五郎の
滝の見事な氷瀑を
見に行くことも出来ます
3月下旬
スキー場の最上リフトから
山頂目指してシールで登る
眩しい景色にため息ばかりでした
 山頂方面からの下りは
スキーやスノーボードで
パウダースノーを満喫
3月下旬
上高地へ日帰りツアーもOK
夏の喧騒が嘘のように
穂高と大正池が佇んでいます


これらの映像について、お尋ねになりたい事がありましたらメールでご質問下さい。
知る範囲ではありますが、返信をさせていただきます。

トップページへ
トップページへ戻る
バータイムのページへ
バータイムのご案内
ランチタイムのページへ
ランチタイムのご案内
メールはこちらへどうぞ
ご質問などのメールはこちらへ